循環器内科

診療内容特長

■カテーテル検査・治療
狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患に対して、狭くなったり閉塞したりした血管にバルーンを通過させて広げるカテーテル治療を行います。外科手術を行わずに実施する低侵襲的方法で、患者さまの負担が少ない治療法です。心筋梗塞に対するカテーテル治療による救命等にも対応いたします。

■不整脈(頻脈)を根治するカテーテルアブレーション治療
頻脈性の不整脈に対しては薬剤での治療に加えて、不整脈の発生源に対しカテーテル先端から高周波電流を通電して焼灼(しょうしゃく)し、根治させるカテーテルアブレーション治療を行います。不整脈の元を断ち切る治療法です。

■不整脈(徐脈)に対するペースメーカー植込術
徐脈に対しては、脈が遅くなったときに心臓に代わって収縮の命令を出すペースメーカー植込術も積極的に行います。

■ペースメーカー外来
ペースメーカーの植込手術をされた患者さまをフォローします。他院でペースメーカーを植込された方も、お気軽にご相談ください。

■下肢閉塞性動脈疾患などのカテーテル治療
歩行時の疼痛や冷感等の症状がある下肢閉塞性動脈疾患などのカテーテル治療も実施します。


医師プロフィール

 坂井龍太(Sakai Ryuta)

循環器内科部長

 専門医・学会認定医

日本内科学会認定 総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医
日本不整脈心電学会 ICD/CRT研修修了

 所属学会

日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本静脈経腸栄養学会

 プロフィール

昭和36年8月 : 大阪府に生まれる
昭和62年3月 : 京都府立医科大学卒業
昭和62年4月 : 京都府立医科大学第二内科入局
昭和62年5月 : 医師免許取得
平成元年4月 : 松下記念病院勤務
平成 3年4月 : 京都府立医科大学大学院入学
平成 5年3月 : 米国コネチカット大学医学部留学
平成7年4月 : 公立南丹病院勤務
平成8年2月 : 京都府立医科大学医学博士号取得
平成8年4月 : 京都府立洛東病院勤務、京都府立医科大学第二内科助手
平成11年4月 : 社会保険京都病院勤務(内科医長)
平成18年4月 : 医聖会学研都市病院勤務(副院長・循環器内科部長)
平成24年4月 : 同志社大学生命医科学部連携教授(平成25年3月まで併任)
平成25年4月 : 田北病院循環器内科部長

 メッセージ

循環器内科は主に心臓と大血管の病気を担当する診療科です。対象となる心臓病の代表として、狭心症・心筋梗塞などの「虚血性心疾患」(胸が締めつけられる)と「不整脈」(突然ドキドキする、あるいは脈がとても遅い)が大きな2本の柱となっており、お薬での治療はもとより、冠動脈形成術(いわゆる風船治療)・ステント留置、頻脈を根治するアブレーション治療や徐脈に対するペースメーカー植込などの手術的治療も積極的に行います。弁膜症や心筋症など種々の原因によって引き起こされる心不全(息切れ・むくみ)も主要な治療の対象です。また、足の動脈の流れが悪くなってしまうと起こる歩行時の疼痛や冷感等の症状も当科のカバーする範囲となります。 

当科のモットーは、「良質の医療をより身近に」です。患者さまや御家族の方々に、「田北病院で本当に良かった」と納得して戴けるよう、緊急時に対応できる体制も整えながら積み重ねた経験を生かして日々の診療に努めて参ります。心臓・血管の病気かなと思ったらお気軽に外来においでください。

平成28年 循環器内科手術・検査件数 [2016年1月~12月]

心臓カテーテル検査 113
経皮的冠動脈手術 49
下肢動脈造影検査 21
四肢血管拡張術・血栓除去術 12
体外ペースメーキング術 1
ペースメーカー移植術 3
ペースメーカー交換術 1
合計 200件


胸痛・動悸・息切れ、歩けない(間欠跛行)、絵で見る心臓病、血管病の原因と治療

心筋梗塞からいのちを救う心臓カテーテル治療

●心臓の働き
心臓は、全身に血液を送り出すポンプです。血液は酸素や栄養を運ぶ役目をしています。心臓自体にも酸素や栄養が必要ですから、心臓は、その表面にある冠動脈という血管で、心臓自体に必要な血液をめぐらせています。冠動脈には、太い3本の枝があり、心臓の回りを王冠のようにめぐっています。


カテーテル治療で使用する血管造影装置の画像

●狭心症・心筋梗塞
冠動脈の血管にコレステロールなどの脂質が詰まるなどして狭くなり、心臓に栄養を運ぶ血管である冠動脈の血流が不足することにより、心筋が一時的に酸欠状態となり、その結果、胸痛や息切れなどの症状があらわれるのが狭心症です。

冠動脈が完全に詰まってしまう病気が心筋梗塞です。冠動脈に溜まったコレステロールなどの粥状(かゆじょう)のものが破裂し、血管内面に亀裂が生じ、そこに、止血を役割とする血小板が集結して、血栓ができて、冠動脈を閉塞します。そのため、血流が悪くなり、心筋が壊死し、ポンプとしての機能が低下してしまいます。

●症状
症状としては、胸の激しい痛みや圧迫感、呼吸困難、冷汗、嘔気、嘔吐などがあります。 

痛みの部位は明確ではなく、手を胸全体に当てて痛みを表現する場合が多いです。左側の痛みでは、肩から手まで症状が出ますが、右側に症状が出ることもあります。一カ所だけに限定されず、数カ所に現れることもあります。症状は「締め付けられるような」といった漠然としたものである点が特徴的です。

●心臓カテーテルによる治療
狭心症や心筋梗塞を、外科的な手術をしないで治療する方法が心臓カテーテル治療です。心臓カテーテル治療では、手首・肘・足の付け根などの動脈からカテーテルと呼ばれる直径2mm前後の細い管を入れて、冠動脈の狭くなったり閉塞したりした位置にバルーン(風船)を送り込んでふくらませ、狭くなっている血管を元通りに広げることで、血流を回復します。X線透視像や血管造影像を観察しながら実施します。

ステント治療では、「ステント(金属メッシュでできたチューブ)」を血管の狭くなったり、詰まった位置に植え込み、血管を広げて血流を確保します。最新の、細胞の増殖を抑える薬剤を染み込ませた薬剤溶出ステントでは、再び血管が狭くなる再狭窄が劇的に減少しています。

治療は局所麻酔で行われます。胸を開けるバイパス手術に比べると侵襲度が少ないため、多く行われている治療法です。 痛いのでは?と心配される方が多いのですが、挿入する手首などに麻酔をかける注射がチクッとするだけです。検査なら1泊2日、治療でも2泊3日の入院で大丈夫です。

●心筋梗塞症の危険因子
高血圧/高脂血症/喫煙/糖尿病/肥満/家族歴/高尿酸血症/A型性格/精神的ストレス/男性

●A型性格の方はストレスコントロールをしましょう。
心筋梗塞等の発症につきましては、その方の性格や行動パターンも関わっていると考えられています。心臓病を起しやすい性格は、攻撃的で活動的な「A型性格」といわれるものです。その反対に、のんびりとして、内向的で控えめといった性格を「B型性格」といいます。

A型性格の方の行動様式
「のんびりしている方を見るといらいらする、せっかちな方」
「仕事熱心で責任感が強い」
「ライバル意識を持ちやすく、遊びでもすぐにカッとなる」
「人一倍正義感が強い」

自分に合った息抜きの方法を見つけて、上手にストレスコントロールをしましょう。