田北病院のご案内


理事長からのごあいさつ

医療法人田北会 理事長
田北病院 名誉院長
田北 武彦(たきた たけひこ)

田北病院では介護老人保健施設「幸寿苑」、訪問看護ステーション「なのはな」、田北会居宅介護支援事業所を併設し、「自分が患者さまだったら」と考えることができるやさしさを持つスタッフが、医療・介護・福祉のトータル・ライフケアを実践しています。

高齢社会により、循環器内科医と連携して外科医が手術を実施するケースが増加し、今後、整形外科と内科の専門性が高い病院が必要とされることも考え、循環器内科・消化器内科・腎臓内科を開設しました。透析患者さまのケアも万全です。

人間には自然治癒力があり、医療・介護・福祉においては「心のやすらぎ」が大切です。田北病院では「ここに来るだけでホッとできる」と安心していただける環境づくりに努めています。郡山城址には「菜の花の中に城あり郡山」と記した許六の句碑があります。菜の花は生命力が強く、花言葉は「快活」です。菜の花のお城の町にふさわしく、皆さまが快活で健やかな生活を送れますように、誠心誠意努力してまいります。

院長からのごあいさつ

医療法人田北会 田北病院
院長 廣藤 榮一(ひろふじ えいかず)

私達は、患者さまの人権と意思を尊重して、安心できる質の高い医療と快適・安全・清潔な医療環境を提供するとともに、地域医療機関との連携を推進し、一貫した医療が提供できる信頼される病院を目指しております。

そして、これからも「やさしさ」・「思いやり」を心がけて、医療・介護・福祉における人と人との出会いを大切にして誠心誠意努力してまいります。