整形外科

整形外科(一般・脊椎外科・リュウマチ・関節外科・手の外科・スポーツ整形外科)

 診療内容特長

■整形外科専門医認定病院
整形外科では、年間総手術例数は約1000件で、脊椎変形・側弯症手術、全人工膝関節置換術、骨盤骨折の観血的整復固定術や遊離血管柄付複合組織移植術といった大学病院以外ではあまり行われない高度な手術も多く行っています。特に、緊急手術を要する切断再接着術は24時間受け入れ体制をとっており、切断指再接着術は技術・実績ともに高い評価を得ています。また、術後のリハビリテーションにも力を入れており、多くの理学療法士、作業療法士が常勤しています。

■日本手の外科学会認定センター
手の外科では、「日本手外科学会」より手の外科基幹病院の認定を受け、さまざまな手の疾患、腕の疾患について神経、腱、血管、靱帯、骨などの治療を行います。手術用顕微鏡を使用して、切断された神経や血管などの微細構造を修復したり、別の部分から組織を移植するマイクロサージャリーも実施しています。また、手根管症候群に対する低侵襲の内視鏡手術も実施しています。手に異常が起こると、食事をする、持つ、キーボードを打つなどの日常生活やスポーツ活動に障害が生じます。手や指、腕に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

●脊椎外科・リウマチ関節外科
脊椎外科では、保存的治療を優先し、保存的治療無効例に対しては手術療法を実施します。特に脊柱変形、側弯症に対する手術治療も積極的に行っています。必要に応じて破綻した脊椎の安定化を図るための金属による内固定術(インスツルメンテーション)も導入しています。安全第一でかつ体への負担が少ない手術療法により、手術翌日からの歩行、術後数日での退院も可能です。また、リウマチ関節外科もすべての部位に対応可能です。画期的な進歩を遂げている最新治療法を取り入れ、患者さまのQOL(Quality of Life)の向上に貢献しています。

●スポーツ整形外科
スポーツ選手の治療を積極的に手がけています。捻挫、骨折、脱臼などの1回の衝撃で起こるスポーツ外傷だけではなく、テニス肘、ゴルフ肘、ランナー膝などの使いすぎによるスポーツ障害にも取り組んでいます。例えば、頻度の高い膝関節のスポーツ障害においては、原因である靭帯や軟骨にMRIを用いて的確な診断および治療を行います。投薬などの内科的治療のほか関節注射、神経ブロックなどの各種保存的治療とともに外科的手術を行い、運動機能を正しく保つ総合的な治療を行います。


医師プロフィール

 田北武彦(Takita Takehiko)

田北会理事長・田北病院名誉院長
日本医療法人協会理事
日本医療法人協会奈良県支部長
奈良県介護老人保健施設協議会幹事
奈良県臨床整形外科学会理事
奈良県手の外科懇話会世話人

 専門医・学会認定医

日本整形外科学会専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会スポーツ認定医
日本整形外科学会リウマチ認定医

 所属学会

日本整形外科学会
日本救急医学会
日本マイクロサージャリー学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本手外科学会

 プロフィール

昭和19年1月 : 大和郡山市に生まれる
昭和45年3月 : 奈良県立医科大学卒業
昭和45年4月 : 奈良県立医科大学整形外科入局
昭和45年6月 : 医師免状取得
昭和47年1月 : 国立奈良病院勤務
昭和49年1月 : 大淀町立病院勤務
昭和50年1月 : 奈良県立医科大学勤務
昭和56年7月 : 医療法人田北会田北病院副院長に就任
昭和58年4月 : 日本整形外科学会認定医取得
昭和62年3月 : スポーツ医認定
昭和63年3月 : 奈良県大和郡山市医師会理事に就任
平成元年9月 : リウマチ認定医
平成2年11月 : 医療法人田北会理事長に就任
平成2年11月 : 田北病院院長に就任
平成3年 5月 : 日本医師会認定産業医取得
平成6年 5月 : 日本医師会認定健康スポーツ医取得
平成27年 1月 : 田北病院名誉院長に就任
平成27年 7月 : 大和郡山市医師会会長に就任

 メッセージ

医療法人田北会では田北病院、介護老人保健施設「幸寿苑」、田北会居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション「なのはな」、訪問リハビリテーション、田北看護専門学校を併設し、医療・介護・福祉の一貫体制を確立しています。子どもから成人、老年にいたるまでの一生をケアする地域のホームホスピタルとして、「自分が患者さまだったら」と考える事ができるやさしさを持つ誠実なスタッフが、一丸となって医療・介護・福祉のトータル・ライフケアを実践しています。 

田北病院では、最善の治療を行うため、常に最新の医療技術と医療設備を装備し、患者さまを中心としたチーム医療を行っています。また、医療・介護・福祉における「心のやすらぎ」を大切にしています。人間には自然治癒力があり、その力は環境によって、より大きくなります。田北病院では、「ここに来るだけでホッとできる」と安心していただける環境を整備しています。郡山城址の追手門を入ると「菜の花の中に城あり郡山」と記した許六の句碑があります。菜の花は生命力が強く、花言葉は「快活」です。私自身の故郷でもあります郡山は、菜の花のお城の町でもあります。その町にふさわしく、皆さまが快活で健やかな生活を送れますように、これからも誠心誠意努力してまいります。


 廣藤榮一(Hirofuji Eikazu)

田北病院院長
日本側弯症学会幹事
日本脊椎外科同好会幹事
中部日本整形外科災害外科学会評議員
奈良県医師会整形外科部会理事・評議員
京都大学医学部整形外科臨床教授
近畿大学医学部整形外科非常勤講師
天理よろづ相談所病院 アテンディングドクター

 専門医・学会認定医

日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会登録医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医

 所属学会

日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本側弯症学会
日本脊椎脊髄神経手術手技学会
日本脊椎外科同好会
中部日本整形外科災害外科学会

 プロフィール

昭和18年6月 : 京都に生まれる
昭和45年3月 : 京都大学医学部卒業
昭和45年4月 : 京都大学医学部整形外科入局
昭和45年5月 : 医師免状取得
昭和45年11月 : 天理よろづ相談所病院
昭和47年4月 : 大阪府立大手前整肢学園
昭和48年1月 : 兵庫県立塚口病院
昭和50年6月 : 近畿大学医学部整形外科助手
昭和53年4月 : 近畿大学医学部整形外科講師
昭和58年7月 : 米国Alfred I . duPont 研究所 リサーチフェロー(1年間)
昭和62年4月 : PL病院整形外科部長(出向、2年間)
平成2年3月 : 医学博士号取得
平成2年8月 : 天理よろづ相談所病院整形外科副部長
平成2年8月 : 近畿大学医学部整形外科非常勤講師
平成11年4月 : 天理よろづ相談所病院整形外科部長、リハビリセンター長
平成17年4月 : 京都大学医学部整形外科臨床教授
平成19年4月 : 田北病院副院長に就任
平成27年1月 : 田北病院院長に就任

 メッセージ

私は平成19年4月天理よろづ相談所病院より、田北病院に就任し、特に脊椎外科とリウマチ関節外科の奈良県下でのセンターを目指しています。難病とされている頚椎後縦靭帯骨化症に対する手術は開発者である、桐田良人先生に師事し会得しています。脊柱変形も特に米国において習得した側弯症に対する手術を積極的に施行し、さらに脊椎疾患一般にも適応があれば顕微鏡や内視鏡やインステュルメンテーションも導入します。また、リウマチ関節外科も全ての部位に対応は可能です。


 石崎嘉孝(Ishizaki Yoshitaka)

田北病院副院長
中部日本整形外科災害外科学会評議員
奈良県立医科大学臨床教授

 専門医・学会認定医

日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
義肢装具等適合判定医師
大阪DMAT隊員
Hospital MIMMS 受講医師
日本医師ジョガーズ連盟 認定ランニングドクター

 所属学会

日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本脊椎脊髄神経手術手技学会
日本低侵襲脊椎外科学会
日本整形外科スポーツ医学会

 プロフィール

昭和61年5月 : 奈良県立医科大学整形外科学教室入局
昭和61年5月 : 奈良県立医科大学付属病院(研修医)勤務
昭和62年7月 : 済生会富田林病院勤務
平成1年7月 : 国立奈良病院勤務
平成3年7月 : 市立松原病院勤務
平成5年7月 : 国立療養所福井病院勤務
平成6年7月 : 済生会富田林病院勤務
平成8年7月 : 済生会中和病院勤務
平成11年7月 : 東大阪市立総合病院勤務(参事部長)
平成19年4月 : 東大阪市立総合病院 主席部長就任
平成20年4月 : 奈良県立医科大学臨床教授
平成26年4月 : 東大阪市立総合病院 院長補佐就任
平成28年4月 : 田北病院副院長に就任

 メッセージ

前職の東大阪市立総合病院では、脊椎外科を中心に診療にあたっていました。又、地域連携室を担当していて、開業医の先生方と懇意にさせて頂いていました。奈良郡山の地におきましても、開業医の先生方、なにぶん宜しくお願い申し上げます。 

5年程前からランニングをするようになり、フルマラソンも走っています。又最近では、ランニングドクターとして奈良マラソン、大阪マラソン等で、走りながら医療支援をさせて頂いています。脊椎外科はもとより、スポーツ障害(腰椎)等も積極的に診察させて頂こうと思っています。何とぞ宜しくお願い致します。


 大庭真央(Oba Mao)

脊椎関節外科部長

 専門医・学会認定医

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

 所属学会

日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会

 メッセージ

4月まで天理よろづ相談所病院にてお世話になっておりましたが、この度、廣藤院長の伝手にて田北病院にてお世話になることになりました。これまで以上に病診連携に努めたいと考えております。なにかあればご相談いただければと思います。よろしくお願いたします。


 中村敏夫巳(Nakamura Toshifumi)

整形外科部長

 専門医・学会認定医

日本整形外科学会
日本手外科学会

 所属学会

日本整形外科学会
日本手外科学会

 プロフィール

平成6年3月 : 三重大学医学部卒業
平成6年5月 : 奈良県立医科大学整形外科入局
平成8年7月 : 基幹病院にて診療に携わる
平成20年7月 : 奈良西部病院勤務
平成27年4月 : 田北病院整形外科部長

 メッセージ

2017年4月から働かせていただく事になりました。手外科領域の専門ですが、整形外科全般の診察も行いますので、手外科の分野以外の疾患もご相談下さい。


 西尾正彦(Nishio Masahiko)

 専門医・学会認定医

日本整形外科学会専門医

 所属学会

日本整形外科学会

 プロフィール

平成11年9月 : 山形大学医学部医学科卒業
平成14年4月 : 奈良県立医科大学附属病院整形外科入職
平成18年4月 : 県立奈良病院救命救急センター入職
平成20年1月 : 奈良県立医科大学附属病院整形外科入職
平成21年4月 : 医療法人南労会紀和病院整形外科入職
平成23年7月 : 済生会奈良病院整形外科入職
平成25年7月 : 三重厚生連松阪中央総合病院整形外科入職
平成27年7月 : 田北病院整形外科入職

 メッセージ

2015年7月から働かせていただく事になりました。前病院では特に専門を定めず外傷の方を中心に診させていただいておりました。地域住民のお役に立てる様、微力ながら努めさせていただきます。宜しくお願い致します。


 川西弘一(Kawanisi Kouichi)

奈良県立医科大学整形外科臨床教授
奈良県立医科大学救急医学非常勤講師

 専門医・学会認定医

日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター

 所属学会

日本整形外科学会
日本リウマチ学会
日本体育協会
日本手外科学会

 プロフィール

昭和61年3月 : 奈良県立医科大学卒業
昭和61年4月 : 奈良県立医科大学整形外科入局
昭和61年5月 : 医師免状取得
平成元年4月 : 奈良県立医科大学大学院入学
平成5年3月 : 奈良県立医科大学大学院卒業
平成5年3月 : 医学博士号取得
平成5年4月 : 日本整形外科学会認定医取得
平成8年3月 : 日本リウマチ学会認定医取得
平成11年4月 : 日本救急医学会認定医取得
平成12年1月 : 奈良県立医科大学救急科講師に就任
平成12年7月 : 田北病院整形外科勤務・奈良県立医科大学非常勤講師兼務
平成15年4月 : 田北病院整形外科部長に就任

 メッセージ

奈良医大、県立奈良病院で整形外科救急医療・手の外科・マイクロサージャリー分野の治療・研究を担当して参りました。平成12年7月より長年の経験を生かし、より機動力のある整形外科救急医療・手の外科治療を実践するために同分野の先輩である田北武彦院長のもとに転勤いたしました。現在、切断指の治療には24時間体制で速やかな治療戦略を展開しております。
また、日本リウマチ学会専門医として、ここ数年間に画期的な進歩を遂げているリウマチの新しい治療法を積極的に取り入れ、患者さまのQOL(Quality of Life)の向上に貢献できるよう研鑽を重ねております。
手術後やリウマチの患者さまのリハビリテーションにおいても奈良県下有数の理学療法士・作業療法士とともに質の高い治療を提供できるよう努力しております。


 研修

1.毎週月曜日、午前8時20分より術前カンファレンス
2.毎週水曜日、午前8時20分より安静入院・術後・リハビリカンファレンス


整形外科手術件数

平成28年
(2016.1~12月)
年間総手術例数 1482件
骨・関節外傷観血整復術 368件
上肢 鎖骨骨折 14
肩鎖関節脱臼 5
上腕骨骨折頚部骨折 11
上腕骨骨幹部骨折 3
上腕骨顆上・顆部骨折 12
Monteggia骨折 0
前腕骨折 80
手根骨・手指骨折 83
その他 10
下肢 骨盤骨折 1
大腿骨頚部骨折 48
大腿骨骨幹部骨折 3
大腿骨顆部骨折 2
膝蓋骨骨折 17
脛骨顆部骨折 6
脛骨骨幹部骨折 2
足関節果部骨折 39
踵骨骨折 12
その他 19
脊椎 頚椎脱臼骨折 0
胸腰椎脱臼骨折 0
その他 1
軟部組織に対する手術 372件
筋性斜頚切筋術 0
開放創のデブリドマン 38
遊離皮膚移植 0
有茎皮弁 38
ばね指 104
手の腱手術 43
Achilles腱縫合 6
腱移行術 13
その他 130
切断 21件
上肢 0
手指 2
0
大腿 1
下腿 1
その他 17
血管・神経(Microsurgical) 74件
血管吻合・移植 7
神経縫合・移植 17
神経剥離 14
肢指再接着 22
複合組織移植 6
その他 8
関節外科 223件
人工骨頭 27
人工関節 股関節 7
膝関節 15
足関節 0
肩関節 0
その他 1
骨切り術 骨盤骨切り術 0
大腿骨骨切り術 0
高位脛骨骨切り術 0
外反母趾矯正術 2
その他 4
再発性または習慣性脱臼 9
膝蓋骨 0
靭帯・その他 肩腱板断裂 3
足関節靱帯損傷 5
膝靭帯縫合・再建 1
半月板手術(観血) 11
関節鏡 関節鏡検査 7
鏡視下手術 51
滑膜切除術 21
関節固定術 27
関節形成術 15
その他 17
脊椎外科 132件
頚椎 頚椎前方固定術 3
頚椎脊柱管拡大術 5
腰椎 腰椎椎弓切除術 57
腰椎Love法 26
腰椎固定術 31
側弯症手術 3
脊椎腫瘍摘出術 0
脊椎カリエスに対する手術 0
その他 7
腫瘍手術 90件
良性軟部腫瘍 23
良性骨腫瘍 2
悪性軟部腫瘍 0
悪性骨腫瘍 0
転移性骨腫瘍 0
その他 65
先天性疾患 0件
手・足先天奇形 0
股関節脱臼 0
内反足 0
その他 0
感染性疾患 18件
化膿性骨髄炎 9
化膿性関節炎 3
骨結核 0
関節結核 0
その他 6
その他 184件