リハビリテーション部(総合リハビリ)

 理学療法室・作業療法室・言語療法室を同フロア(4階)に設置してスタッフ間の連携を強化し、
1人ひとりのニーズに応じたリハビリテーションを提供しています。急性期リハビリ、回復期リハビリをはじめ、
在宅での訪問リハビリ(理学・作業・言語)もおこなっています。リハビリテーション部では、「親切・丁寧・一生懸命」をモットーに日々努力しております。

~各段階での目標~

 ○急性期リハビリ

 疾患・リスク管理に重点を置きながら、発症後可能なかぎり早期より廃用症候群の防止と離床を目指し、ADL訓練の早期開始を実施します。





 ○回復期リハビリ

 適切な予後予測とADL評価に基づいて、実用的なADL獲得を目指し、それが病棟での生活に活かされていくように工夫を重ねています。医師・看護師・社会福祉士等との連携を図り、患者様主体のチームリハビリを実践し、円滑な家庭復帰・社会復帰を目指します。




 ○訪問リハビリ

 急性期・回復期リハビリに引き続いて、生活障害のある方に対して廃用症候群の防止と心身の活動性の維持・向上を目指すとともに、生活環境の整備・社会参加の促進・介護負担の軽減等に努め、生活の質:QOL(Quality of Life)の向上を支援します。





~外来リハビリテーション~

・午後の外来リハビリは、スポーツリハビリ(アスレティックリハビリ)に限ります。
・土曜日は、平日(月~金)にお越しいただけない方をおもに対象とさせていただいております。
・午前中は12:00まで、午後は17:00までに受付ができるように、時間に余裕をもってお越しください。
・理学・作業・言語療法は、医師の指示のもと実施いたします。

~施設基準~

・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
 ・廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
 ・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
 ・呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)

 理学療法とは?

理学療法とは病気、怪我、長期臥床等などによって身体が不自由になった方々に対して、患者様の基本的動作能力(寝返りをする・起き上がる・座る・立つ・歩くなど)の維持・回復を主な目的として、運動療法・物理療法をおこないます。
またスポーツ疾患に対しては、競技復帰に向けてアスレティックリハビリテーション(スポーツリハビリ)に取り組んでいます。




 作業療法とは?



作業療法では、脳卒中や骨折、切断などのさまざまな病気やケガにより、生活に支障をきたしている方の身体や心の機能の維持・改善を図ります。また、日常生活動作(食事・排泄・更衣・入浴等)
を円滑におこなえるように援助・訓練を行います。排泄・入浴の訓練は実際のトイレ・お風呂で実施します。また、その方個人が生活しやすいように手助けをする道具(自助具・装具)の作成・紹介や利き手交換もおこないます。さらに、歌・体操・玉いれ・風船バレーなどの遊びや創作を通して明るく、楽しく、リラックスした雰囲気で、さまざまな機能の回復・維持・開発を目指します。また、手の外科医の指導のもとに、手指や上肢の骨折や切断等のケガをされた患者様に、日常生活復帰や職業復帰を促すハンドセラピーも実施しています。



 言語療法とは?

 言語療法では、音声機能や言語機能に障害のある方の機能の維持・向上を目的としています。言いたい言葉が出てこないなどの症状がみられる「失語症」の方、呂律(ろれつ)がまわらないなどの症状がみられる「構音障害」の方など、個々の症状に合わせた訓練およびご家族に対しての助言をおこないます。失語症の方には、障害された言語機能(話す、聞く、読む、書く)の回復を目的とした訓練や、残存された能力を応用してコミュニケーションをスムーズにするための工夫をします。構音障害の方には、障害された舌、口唇、顎などの発声発語器官の機能回復を目的とした訓練を実施します。
 また、食事をするとむせてしまいうまく食べられないなどの症状がみられる「摂食・嚥下(えんげ)障害」でお悩みの方も、ご相談ください。顔面マッサージ・空嚥下・嚥下パターン訓練・発声訓練・呼吸訓練・咽頭のアイスマッサージ・氷なめ(嚥下反射の誘発)などの訓練により、改善を目指します。





 訪問リハビリとは?




訪問リハビリテーションとは、生活の場において、日常生活の自立と社会参加(外出や趣味活動など)の向上を図ることを目的としています。
医療機関では行うことができない実際の生活場面において利用者様の能力に応じて助言や指導を行なって行くサービスです。利用者様が自宅で、安心、安全にその人らしい在宅生活が継続して行けるように支援していきます。
通院やデイサービスやデイケアの利用が困難でも、住み慣れたご自宅で自分のペースでリハビリを受けることができます。
退院後すぐから自宅生活に必要な能力を取り戻すため、日常生活に必要な動作を改善し安全な生活が送れるように具体的な目標を持って実施します。

【具体的な介入方法】

(病状の観察)
バイタルチェック(血圧、体温、脈拍測定など)
病状の観察や助言
精神面の健康状態の確認と助言
介助者の健康状態の確認と助言
病状や転倒の再発予防と将来的な生活予測に対する助言や指導
食事や排泄、服薬などの日常生活の状態の把握
(日常生活への指導・助言)
日常生活活動の指導・身体機能(筋力・柔軟性・バランスなど)の維持、改善
移動手段(歩行や車椅子)の検討や練習
入浴やトイレ、更衣など身の回り動作の練習
家事動作の練習
自宅周辺の散歩や近所への買い物、趣味などに必要な能力への助言や指導
福祉用具・住宅改修の評価と相談(杖や車椅子、歩行器、食事道具、手すりなどの検討)
痛みの評価と物理療法などの疼痛の緩和
言葉が話しにくい方や食事が食べにくい方に対する工夫やその方法の検討
自宅で行える自主トレーニングや介助方法の助言
(介護相談)
療養生活、家族への介護指導、精神的な支援、福祉制度利用の助言、相談 など。

【対象となる方】
・介護認定を受けられている方(介護保険でのご利用)、または訪問診療を受けている方で介護保険認定を受けていない方(医療保険でのご利用)
・筋力が弱く、自宅内を歩くのに不安がある。後遺症があり料理や掃除がうまくいかない。買い物や散歩に行きたいけど不安がある。趣味や生活を楽しみたい
・自宅での運動方法がわからない
・福祉用具の使い方がわからない。介助方法がわからない
・誤嚥性肺炎を繰り返している。喋りにくくなってきた
など。
*なお、訪問リハビリテーションは、かかりつけ医からリハビリテーションの情報提供書をいただく必要があります。

【実施時間・頻度】
40分~60分 週1回~3回
利用者様のお身体や支援内容に即して設定いたします

【訪問対象区域】
大和郡山市(他の地域については要相談)

【お問い合わせ】
担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)や、訪問リハビリテーションにお問い合わせください。
~お問い合わせ先~
田北病院 リハビリテーション部 0743-54-0112
*作業療法室
*言語療法室
*理学療法室  0743-54-0252
*訪問リハビリ 0743-54-0376(ダイヤルイン)