病院情報の公表

平成28年度 田北病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 9 70 56 52 111 157 321 515 470 142

平成28年度退院患者数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。特徴としては60歳以上の占める割合が全体の76.1%、80歳以上が32.2%と高齢の患者様が多くを占めています。40歳代以下の比較的若い世代は15.7%です。年代別の主な疾患は10、20歳代は骨折やスポーツ外傷、30歳代から50歳代にかけては外傷等の整形疾患に加えて尿路疾患や気胸等様々です。60、70歳代では腰部脊柱管狭窄症、狭心症、80歳代以上では大腿骨頚部骨折や肺炎が多い傾向です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 65 11.98 5.70 0.00 53.62
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 54 53.59 21.52 5.56 78.56
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 44 82.82 28.70 0.00 81.02
070343xx97x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等21あり 29 45.93 22.28 0.00 69.34
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 22 10.86 10.70 0.00 48.45

整形外科では前腕の骨折が最多で、三番目は大腿骨近位部骨折となっておりどちらも手術を要する症例となっています。また、DPC細分化にて分散しており順位は下げていますが、腰部脊柱管狭窄症の手術症例が多いのも特徴です。また、手の外科基幹認定病院として多くの手、腕の疾患に対する神経、血管、腱等への手術を施行しています。術後においては早期機能回復に努め、術後リハビリの役割分担を図りながらADL(日常生活動作)、QOL(生活の質)向上を目指しています。


内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 65.63 21.69 3.70 86.44
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 23 13.52 13.02 0.00 84.91
100380xxxxxxxx 体液量減少症 16 36.69 9.18 0.00 82.56
0400801299×000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア0 10 9.60 9.01 0.00 39.40
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 1.30 7.01 0.00 66.70

内科では肺炎症例が最多で、特に高齢の患者様が多く重症化し易い為、長期の入院となる場合が多く見受けられます。誤嚥性肺炎においては、平均年齢もかなり高く在院日数も長くなっている傾向です。


循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 3.19 3.06 0.00 69.69
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 2.23 3.07 0.00 72.51
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 5.99
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 7.26
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18.30

循環器内科で最も多い症例は狭心症などに対する心臓カテーテル治療です。これは、狭心症や心筋梗塞などによる冠動脈の狭窄や閉塞部分に対して、バルーンやステントを用いて病変部分を拡張し治療する方法です。2番目に多い症例は心臓カテーテル検査です。心臓カテーテル検査はカテーテルと呼ばれる細い管を手首や足の付け根の動脈から心臓まで通し、造影剤を注入して冠動脈を撮影する検査です。それぞれ全国平均並みかそれ以下の在院日数で良好な成績をおさめています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 16 36.44 20.08 6.25 68.69
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 21.40 10.02 0.00 76.50
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19.32
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 11.91
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 21.22

脳神経外科では脳梗塞の入院が最も多くなっています。脳梗塞入院は発症して早期に入院される患者様の割合が多く、高齢者の方が多くなっています。その他では慢性硬膜下血腫、水頭症等の手術加療入院などがあります。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 13.14
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 7.59
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 9.71
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 3.40
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18.30

泌尿器科では透析シャント機能低下(シャント閉塞、シャント狭窄)に対するシャントPTA(経皮的シャント拡張術)症例が最も多くなっています。次いで多いのは慢性腎不全の症例で尿毒症症状が強く出現する前に計画的に血液透析へと導入しています。


消化器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 1.06 7.01 0.00 64.60
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 20 1.15 2.93 0.00 65.60
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 7.38
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 9.21
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 9.20

消化器内科ではCF(大腸内視鏡検査)入院が最も多く、次いで胆管炎、胆管結石などの加療入院があります。


腎臓内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13.64
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 19.98
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 15.39
110320xx97xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他) その他の手術あり 14.18
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18.30

腎臓内科では腎不全に対する症例が多くを占めています。そして、透析施行において必須である透析アクセスの造設、維持(内シャント設置術、内シャント血栓除去術)も積極的に行っています。


歯科口腔外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060570xx97xxxx その他の消化管の障害 手術あり 23 5.57 15.19 0.00 42.26
060565xxxxx0xx 顎変形症 手術・処置等2なし 16 9.94 10.24 0.00 62.38
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 5.12
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 6.84
030180xx97xxxx 口内炎、口腔疾患 手術あり 8.27

歯科口腔外科では顎骨腫瘍、嚢胞に対する手術加療入院が最も多いです。また、顎関節外科的診断および治療戦略を常備しており、顎関節腔パンピング、顎関節腔洗浄療法、顎関節鏡視下手術や様々な顎関節開放手術を施行しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 1 7
大腸癌 75 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者数を初発のUICC病期分類別、及び再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた①原発巣の大きさと進展度②所属リンパ節への転移状況③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各がんをⅠ期からⅣ期の4ステージに分類したものです。当院では少数ではありますが胃癌、肺癌での該当がありますが、10未満の為、-(ハイフン)表記としています。また、病期不明となっている症例については、検査入院によるもので病期分類が出来ていないことが理由となります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 9.10 49.80
中等症 45 26.33 83.40
重症
超重症
不明

比較的若年層では重症度の低い患者さまが多く、年齢が高齢化するにつれ重症度が高くなり、平均在院日数が長くなる傾向があります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 34 42.24 74.74 2.56
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

脳梗塞等の分類にあたる患者さまの中で、I63$脳梗塞に分類される症例の割合が約8割と高くなっています。その中で発症から3日以内の急性期脳梗塞が7割を占めています。患者さまの平均年齢は74~75歳と高齢です。高齢の患者さまの寝たきりを防ぎ、よりスムーズに在宅復帰する為に急性期病棟から回復期リハビリテーション病棟へ転棟し、日常生活動作の改善を目的としたリハビリテーションを実施しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 65 1.69 16.63 0.00 55.86
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 53 5.28 59.32 0.00 73.64
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 49 2.39 30.86 0.00 51.84
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 40 0.98 4.88 0.00 52.85
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 25 4.72 71.00 0.00 81.60

整形外科では上肢・下肢への骨折観血的整復術が最も多くなっています。その他にも人工骨頭挿入術・人工関節置換術、椎弓切除術・椎弓形成術・脊椎固定術なども多く施行しています。また、手の外科基幹認定病院として多くの手、腕の手術も施行しており、切断四肢再接合術(指)、動脈(皮)弁術、手根管開放手術などがあります。


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 77 0.13 1.08 0.00 67.74
K654 内視鏡的消化管止血術
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他)

消化器内科では大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術が最も多く行われています。ポリペクトミー目的の短期入院です。他では内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的消化管止血術等施行しています。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 38 0.26 2.18 0.00 70.79
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 0.00 2.50 0.00 71.10
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他)
K597-2 ペースメーカー交換術

循環器内科では、虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈ステント留置術の心臓カテーテル治療が多く行われています。虚血性心疾患に対する血管内治療とは、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、血管の内側から狭窄部位を削ったり拡張したりする手術をいいます。予定入院では1泊2日や2泊3日で退院が可能です。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 52 0.69 3.50 0.00 75.98
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 12 22.08 9.33 0.00 69.67
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)

泌尿器科では透析シャント機能低下(シャント閉塞、シャント狭窄)に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術が最も多く行われています。次いで内シャント設置術が多く行われています。これは慢性腎不全の症例に対し血液透析へ導入する為に、ブラッドアクセスとして主に前腕にて動静脈吻合を行い透析シャント造設を行います。


内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 13 4.54 3.54 7.69 71.46
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K654 内視鏡的消化管止血術
K386 気管切開術
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)

内科では大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術が最も多く行われています。ポリペクトミー(ポリープ切除)目的の短期入院です。次いで胃瘻造設術などがあります。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 11 6.18 19.64 0.00 75.55
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
K145 穿頭脳室ドレナージ術
K427 頬骨骨折観血的整復術
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)

脳神経外科では慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多い手術です。高齢の方が初めに軽微な頭部外傷を負って1~2ヶ月程経過した際に歩行障害や認知症様の症状が出現し比較的緊急手術となる場合が多くあります。穿孔洗浄術では小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し洗浄除去します。術後は早期に症状が改善し多くが退院となります。


歯科口腔外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4361 顎骨腫瘍摘出術(長径3cm未満) 11 1.00 3.82 0.00 53.73
K4362 顎骨腫瘍摘出術(長径3cm以上)
K4044 抜歯手術(埋伏歯)
K4463 顎関節授動術(開放授動術)
K4462 顎関節授動術(顎関節鏡下授動術)

歯科口腔外科では顎骨腫瘍、嚢胞に対する顎骨腫瘍摘出術が最も多い手術です。また、顎関節外科的診断および治療戦略を常備しており、顎関節腔パンピング、顎関節腔洗浄療法、顎関節鏡視下手術や様々な顎関節開放手術を施行します。


腎臓内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術

腎臓内科では透析シャント機能低下(シャント閉塞、シャント狭窄)に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術や内シャント設置術が多く行われています。内シャント設置術は慢性腎不全の症例に対し血液透析へ導入する為に、ブラッドアクセスとして主に前腕にて動静脈吻合を行い透析シャント造設を行います。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 73 3.84
異なる

播種性血管内凝固症候群は、さまざまな重症の基礎疾患により全身の血管内で血栓ができる病態です。敗血症は、血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気で、肺炎や尿路感染症、腎盂腎炎、悪性腫瘍などが原因になります。手術・処置等の合併症の内訳としては、播種性血管内凝固症候群、敗血症などが数件ありますが症例数が10件未満の為ハイフン表示としています。また、大部分がシャント閉塞、狭窄での手術目的入院でDPC病名と入院契機病名は同一です。手術・処置等の合併症を主として入院加療される患者様が上記の件数程います。術後感染症については、手術や処置などを行う際には細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については事前に十分説明、理解して頂いた上で手術、処置の施行に同意頂くよう努めています。

更新履歴


2017/9/30

機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました